新しい ドン・リュイナール ロゼ [2002]750ml-フランス・シャンパーニュ


シャンパーニュに特化した「ファイン・シャンパーニュ・マガジン」にて、「100ベストシャンパーニュ 2015」を発表し、そのトップ1に選出された『ドン・ルイナール・ロゼ2002』

「ドン・ルイナール」と言えば、現存するシャンパーニュ・メゾンの中でも最古参のメゾンとして、その名を世界に轟かせています。

 

ニコラ・ルイナール氏によってメゾンが設立されたのは、1729年のこと。これは、フランス革命が起こる年の60年も前の出来事になります。そして、現在のシャンパーニュ製法のセオリーである「瓶内二次発酵後の地下蔵熟成」を考案したのも、ニコラ氏の息子であるクロード・ルイナール氏だということですから、このルイナール家がいかにシャンパーニュ醸造の歴史において大きな存在であるかは、火を見るよりも明らかですね。

シャルドネを扱わせたら、右に出る者はいないと言われるほどの評価を得ている同社ですが、こちらのロゼは、シャルドネ80%にピノ・ノワールが20%混醸されて仕上げられたもの。

 

見事な透明感とピンクゴールドの色合いが美しいプレステージ ロゼ・シャンパーニュ。
デリケートで複雑な香りと味わいがゆっくりと解き放たれ、いきいきと、しっかりした余韻が長く続きます。飲む者を陶酔の世界へと誘う「シャンパーニュの祖の血を継ぐ者」による最上の一本です。

シャンパーニュに特化した「ファイン・シャンパーニュ・マガジン」にて、「100ベストシャンパーニュ 2015」を発表し、そのトップ1に選出された『ドン・ルイナール・ロゼ2002』!!
審査チームが1000以上のサンプルからブラインド・テイスティングで選び、続く2位はローラン・ペリエのアレクサンドラ・ロゼ2004、3位はルイ・ロデレールのクリスタル・ロゼ2004と、トップ3をプレスティージュ・ロゼで占めたそうです。

VINOUS:95ポイント

Light, bright orange-pink. Heady mineral- and yeast-accented aromas of dried red berries, blood orange, buttered toast and tea rose. Densely packed and expansive on the palate, offering intense raspberry, cherry compote and floral pastille flavors and a smoky overtone that gains strength with aeration. The mineral quality comes back strong on the silky, focused finish, which goes on and on. An outstanding blend of power and finesse. Disgorged September, 2012. LAHTUAM.
Josh Raynolds, December 2014